ん??
何故??
同じ渡辺なのに…



あっ!もっもしかして。



星香のせ。
陸のり。



うわ~
こういうパターンか。

今まで一度もこういうパターンでは、勝ってたのに…

始めて負けた…



「あっあの!すみません!本当にすみません!」

私は必死に謝る。



だってこの人性格が怖そう。
いきなり寝てる人に声かけるなんて。

あっ!
でもそれが普通かっ(笑)



「俺は別にいいけど。」
「何か謝る必要何てねぇーよ。」



うわっ!やっぱり怖そう。

見た目は…
カッコイイのに。

「キャッ」

私は思わず悲鳴をあげた。

だって、顔が近くに…
いつのまに??



「そんなビックリすることねぇーよ。」
「何かお前面白そうだな。」



「ただ、目の下にホクロがついてるから見とれてしまっただけだぞ。」
「かっ勘違いすんなよ」



私は思わず笑った。
だって、今完全にキスしようとしてたでしょ。


って何考えてんだ私。
ヤバイ顔が赤くなってるのが分かる。


とりあえず何か言い返そう。

「渡辺君も、なっなんか面白そうですね。」

「俺のことは陸でいい。後、敬語辞めろ。」

「はっはい。じゃ~なくて、うっうん。」

「やっぱお前面白い」



うわ~めっちゃ笑われてる。

恥ずかしい…

でも、
凄くキレイな顔立ち、揺れてる髪の毛がなんか素敵。

「あっ!」
「どうした??」
「もう開会式始まってますよね??
じゃなくて始まってるよね??」
「うん。」


なんで陸はそんな平気そうなの~??



私なんか開会式遅刻とか恥ずかしくてもう嫌だ!!

帰りたいよ!
帰りたいよ!



私はすぐ帰りたがる。
そのくせなんとかしなきゃ。

「おっおい!!お前大丈夫??
何で泣いてんだよ」

あれ??

いつの間にか泣いていた。



やっぱり私は弱いな。こんなことで泣くとか…



「じゃっじゃあサボる??」
慌てて言ってる陸。

私は何故か、
「うん。」

と言った。



陸に手を繋がれて、歩いていく…
陸の手暖かい。

こうやって男子とこんなことするの何年ぶりだろう??



「着いたぜ」

「うわぁ~」



そこは、綺麗な空の下の屋上。


私は屋上に来たのは、高校生になってからは始めて。



高1の時は、屋上なんて興味無かったのに。