当たり前と思っていたことが、当たり前でないと知った時に、


「言葉」は呪われていて、自分に罪はなかったことに気づかされます。



けれど、「言葉」にがんじがらめにされていた時間は戻ってはきません。



言葉は時に刃物より鋭く、拳より重くなります。



子どもへの精神的虐待について、私自身の体験を通して感じたことを書いていきます。


傷つけられた子ども達がいつか癒されるよう、心の底から願っています。