「よしっ。いって・・・くるね。」

  誰もいない部屋に私の声がこだました。
 リビングにはお母さんがニコニコ笑っている。
 ・・・けれど、両親はもうこの世にはいない。

「あぁ・・・。もうこんな時間!?行かなきゃ。」

  ある写真を見ながら、私は時間を
 気にしている。
 
 ・・・そう、ある写真とは、
 生き別れた私…沙羅の兄、拓斗。
 
 拓斗とは両親が亡くなった時に、
 生き別れてしまった。

 ピーンポーン___。

「あ。はいっ!」

「沙羅?行かねーの?」

「あ!今行きますっっ!!」

  私はあせりながらも、
 かばんを持って外へ出て行った。

「あ・・・柊っ。遅くなってごめんっ。」

  柊のほうを見ると、
 6年前に見た面影もあり、
 だけど、すごく大人っぽくなっている。

「沙羅・・・大人っぽくなったなぁ…。
  一生懸命なのは全く変わってねーし?笑える。」

「え・・・ちょっ・・・ちょっとっ笑わないでよ!」

  2人で歩きながら、柊に笑われるし・・・。
 何気なく言われたから、驚いたけど、
 でも今『大人っぽくなった』って言われたよね。

「おーい、沙羅?
  ボーっとしてんなー??」

「あ、ごめん。」

「よし、着いたぞ。」

   着いたのは単なる居酒屋。
 中に行くと、6年前に別れた仲間が、
 たくさんいた。

「あ!沙羅じゃん!!」

「え!?杏??」

「そぉだよぉ^^」

  高校の大親友、杏と再会・・・。
 時間を忘れて語りまくった。

「でねー・・・ちょっと、杏!聞いてる??」

「・・・ねぇ。・・・アレって…?」

  杏が振り向いた方へ
 私も振り返ると…?

「「きゃぁぁぁぁぁっ❤」」

「龍也っ??」

  3年前まで付き合っていた彼、
 龍也だった。