みか「煌斗君。週に1回は検診に来てね?あと、無理はしないこと。分かった?」



「分かってるよ~みかちゃん!」




あっ言ってなかった…。



俺の担当看護師“だった”みかちゃん。


今年から、俺の担当“医師”になったんだ。



まぁみかちゃんとは長い付き合いだから


気が楽だ。




みか「それにしても煌斗君、凄いね。生まれてからずっと病院生活で心臓も弱くなっていったのに、6さいくらいのときからだんだん強くなっていったんだよね~今じゃもう学校もいけるしね!」



「俺は最強だからな!」



みか「でもまだ油断しちゃダメよ?悪化するかもしれないんだから!」



「…分かってるよ」














この作品のキーワード
四葉  クローバー  病気  妖精  青春  ブルー13