夏休みも終わり―…


今日は体育祭だ。


俺は運動できねぇから救護テントにいるんだけどな…。




「なんだよ?お前ら…」




今俺の前には、入学式で文句言ってた男3人がいる。


今さら何の用だよ?




男A「時多 煌斗!お前いつも体育休んでるよな?」



「そうだけど?だから?」




なんかイヤな予感がする…。




男B「運動音痴だからじゃねぇの?www」



「…サボってるだけなんだけど。勘違いすんなよ」




実際、出来ねぇけどな。


ずっと病院で運動なんかしたことねぇし…


でも、やりたいとは思ってる。












この作品のキーワード
四葉  クローバー  病気  妖精  青春  ブルー13