夜9時過ぎ、俺は家を出ようとしてた



すると後ろから



「おい唯、どこ行くんだ?」



と兄貴が言ってきた



横山 繭 (ヨコヤマ マユ)



2つ上で、別の高校に通ってる



「散歩」



兄弟だけど、あんまり仲良くないからそれだけしか答えない



嫌いって訳じゃないけど何か苦手なんだよ



「…そうか」



兄貴は寂しげにそう言って部屋に戻った



俺は気にせずに家を出た


この作品のキーワード
  病気  能力  冷淡  不思議