あの日、君と目があった。

たったそれだけのことが、気になるんだ。






確信のない微妙な緊張感。


君の視線が…







"窓際後ろから2番目の席"
と対の話となっています。
宜しければ、そちらもよろしくお願いいたします。

この作品のキーワード
男目線  淡い  学校  高校生  短編