何となく、緑川さんの態度。


他の社員たちとは違う気がしていた。


それは私の自惚れかと思って、心の奥にそっと仕舞っていた。



正直、彼の告白は嬉しかった・・・



でも、今は、誠一郎との別れで頭がいっぱい。


それに恋愛はしばらく、休業したかった。



これ以上、傷つくのが怖いからーーーー・・・




彼とは友達。


私には異性の友達なんて今までいなかった。

異性は全て、恋愛対象。

男女間の友情なんて有り得ないと思っていた。


緑川さんの気持ちを受け止める事はできないけど。


同僚とは違う関係を望んでいた。男性の考え方を彼から学び、それをバネにして次の恋愛のステップしようと思った。



恋愛スキルのない私にはそれしかない。


この作品のキーワード
オフィスラブ  華道  家元  若旦那  甘々  結婚  イケメン  男目線  和風  ラブコメ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。