「いってらっしゃい鮎兎!
頑張ってくるのよ?」


……頑張るったって、どうやって……。


聞いた瞬間そう思ったが、気を取り直して俺は答える。


「うん。
がんばってくるよ、義母(かあ)さん」


そう言って、もう見慣れた、30代の綺麗な女性に手を振った。


…俺の名前は七瀬鮎兎。

たぶんどこにでもいる、普通な中学生。


まあ、たまに同性から告白されるような、変な体質だけど…。


現在は家を後にして、目的地に向かう途中。

閑静で小綺麗な住宅街を数分ほど歩いていると、いつもの交差点で、いつもの聞き飽きた声がかかった。


「よう鮎兎! おっはよ!
今日は大事な日だからさあ、俺様が一緒についてってやるからな!」


「…はぁ…」


その無駄に明るく、逆に体力を吸収されるような声に、俺はため息をつく。


「なんだなんだ?
なんで朝からため息ついてんだ?
こんっなに天気のいい、青空眩しい快晴だっていうのに」


……お前のせいだよ春樹(はるき)……。


俺はもう一つため息を吐きながら、心の中でつぶやいた。


……この、俺を待ち伏せしていた、長身黒髪短髪のイケメン不良は、俺の同級生の春樹。

フルネームだと、[ 酒井 春樹(さかい はるき)] 。

なぜだか知らないけど、俺に執拗に絡んでくる、ウザイ奴。


「ん?
なんだ鮎兎?
なんでそんなウザそうな目で、俺を見てんだ?」


…普段鈍感な癖に、こういう時だけはわかるらしい…。

女子にもてるんだから、そっちと話したり仲良くしたりすればいいのに…。

この作品のキーワード
学園  校則  俺様  服従  犯人  先生