そんな、君の思考に



僕はついていくことが出来ない――――



「アタシが良ければすべておーけー、」



「それって、どうなの……?」




そう、君はいつだって



自由すぎる――――




++++++++++++++++++++

◆作者の考えたフィクションです
◆感想はありがたいですが中傷・荒らしは×