ほぼ毎日男子といる私には女子からの愚痴が多かった。

「また、男子といるじゃん。」

そんな声が胸に刺さる。

あたしの気持ちも知らないくせに。

こっから、あたしは大きく変わった。