「あなたは、だれ?」


 初対面の相手に対して、あまりにも不躾で唐突な言葉。

 それが、シンヤとハルコの出会いだった。



 その日進弥は、夕食後寝るまでの間、インターネットでお気に入りのサイト巡りをしていた。

 すると突然、画面の真ん中に別ウィンドウが開いた。

 うっかり広告でもクリックしたかと、画面を閉じようとしたが、その画面には×ボタンもメニューもない。


「見るまで、閉じるなって事か?」


 進弥は、苛々しながら腕を組むと、画面が完全に表示されるのを待った。
 画面上に閉じるボタンでもあるだろうと思ったからだ。

この作品のキーワード
ラブコメ?  IT企業  年下男子  腹黒  ハッカー  年の差 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。