「あっそ。じゃあ、いいよ。」

よかった…。と、思っていたら

「…なーんて言うと思った?」
「えっ!?」
「ばーか」
ムカつく!!

すると、私は、いきなり両腕を掴まれた。
「!!??、きゃっ!!」
そして、そのままフローリングに押し倒される。
(な、な、なななななななっ!?)

「な、何するのっ…!?」
「見ればわかるだろ。玲奈にお詫びしてもらうの★」
「な!!」
椿はあたしの上に跨り、耳元で囁く…。

も、もしかしなくともヤバイ…感じ…?

「あの、だからその節は誠に申し訳ありませんでした…」
てか、あたしそこまでのことしたかな…(←ここ重要!!!)
「やだ」
「だから!!すみまっ……」
時既に遅し。彼の唇と私の唇が重なった。
あたしの今まで温めておいたファーストキスはいとも簡単にこの自称アイドルに奪われてしまった………。

「んんんっ!!!!」
あたしの口の中になんか生暖かいザラっとしたものが感じられる。
こ、こ、これって…………
舌、だよね。
焼肉でいうタン。

「んっ!…んん…」
抵抗したいけど、両腕は自称アイドルに強く掴まれている。
そして、口は塞がれているから、声もまともに出せない。
そして、こんなときに体も動かない…。

今の私にこの状況をなんとかする選択肢はなし…(チ───(´-ω-`)───ン ……

てか、息が…ぐるしっ…!!

あたしが息ができず苦しいことを分かってくれた椿は唇を離した。
「ぷはぁっ!!!…はぁ…はぁ…はぁ…」

やっと手も離してくれた。
でも、なかなか身体を起き上がらせることができない…。
どうやら腰が抜けたらしい…。

「どう?気持ちよかった?」
「そ、そんなこと…思ってない…」
息がまだ切れててうまく喋れない…。
「そう?お前キモチイイって顔してたじゃん。」
「してない…!」
「そう?だってあんなに感じてたのにぃ?」
「そんなこと言わないでっ!!!」
「だって、あれぐらいのキスであんなに感じてるやつ初めてだからさー、ちょっと途中からたのしくなっちゃってさ、ごめんごめん!でもまあ、お詫びちゃんとしてもらったしなー」
「ひ、ひどい!」
「てかさ、お前処女だろ?いや、処女っつーか、キスしたときないだろ?てか、それ以前に男いたときないだろ?」
「なっ!!!!」
「図星か」
「うるさいわね!!!どっかの自称アイドル兼遊び人よりはマシなんだからっ!!!」
「はいはい」
「もう!!!あたしのファーストキス返してよーーーー!!!!」
「お前にとって俺がファーストキスの相手ってことかー♪お前、感謝しろよ。この俺がファーストキスの相手だなんて、この上なく珍しく、素晴らしいことなんだからな。」
「うるさい!!感謝なんかするわけないでしょ!!」
「ツンデレー?」
「は?何それ?」
「あっ、てかお前さっき俺の事自称アイドルだかなんだか言ってたよな。」
「そうだけど、何か?」
「ちょっと来いよ。」
「はぁ!?何よ!離してよーーー!!」
あたしは、半ば強引に椿に腕を掴まれた…。
はぁ、これから大丈夫かな…。

この作品のキーワード
学園  アイドル  恋愛