自分の道は自分だけのもの。


自分だけが描くことのできる
キャンパス。


俺は何を残せただろうか
俺は何を築けただろうか


道が交わり出逢う人々
同じ道には進めないけど


重なったその瞬間を
俺は大切にしたい


だって、こんなにも
高校三年間の想い出は

様々な音を奏でるんだ。


―――――――――

これはグダグダな高校生の日常です
台本小説です。それでもよければ
暇潰し代わりにドゾッ(ノ-_-)ノ!
By作者

この作品のキーワード
仲間  バカ  天然  高校生  学校  ほのぼの  グダグダ  実話15  時間  青春 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。