「あー…

楽しかった!!また、遊ぼうね!」


「私も、楽しかったです。

なのとずっと一緒にいて、

やっぱり好きだなって思いました。」



おぉーい!!

この甘い雰囲気は…




ーピピピ



海のスマホが鳴る。


「はぁ、誰でしょうか?

…坂本さん??」


何だよー。


折角、良い所だったのに。


って、良い所…


何、期待していたんだー?!



確実に、海に惹かれてるのは

自分でもよく分かる。


こんなにも、海が私の事好きなんだって毎日愛のささやきをしてくれてよく分かる。



こんなデブに、恋をしてくれてありがとう。



気持ちに、答えたいって



「すみません。

同僚が、俺のアパートに来ていて…

なのに会いたいって。」


嫌な予感しか、しないんですが。


でもさ、断れない雰囲気。



「別に、良いよ?」



「良かった!」



この気持ちを、海に伝えなきゃ。



でも、恥ずかしくて無理だー。



そんな感じでもんもんしていた。

修羅場になるのか?




この作品のキーワード
年下  オタク  おデブ  初彼  ハーフ  普通