それも、事故死や病死でなく…自殺だったのだ。


理由はよく分からないが、妹ととして、とても辛い事だったと思う。


そしてそれから、風は私を避け始めた。


用がある時は話してくれたものの、それ以外は完全に無視だった。



それも無理はなかった。


私は“姉の親友の妹”。


“風の友達”としての私はもう、どこにもいなかった。

私の顔を見るだけで思い出してしまうのだろう。


私は直接目にしてはないが、あの時の情景が。


今は彼女の心の奥にしまってある、とても辛い出来事が―――。


私はゆっくりと足を踏み出し、アーチをくぐった。