「ん…」


ズキッ


頭が痛い。


でも起きなければならないと

体を起こした。


「ここ…どこ…?」


辺りを見渡すと、見覚えのない場所で


見覚えのない男の子がいた。


男の子は悲しそうにこちらを見つめていた。


誰……?


首をかしげると


男の子はほんの小さく笑って言った。


『俺は佑。君は…栞…さんだよね』


言葉が詰まった。


栞…、なぜか自分がその名であることに自信が持てなかった。


「えぇ、まぁ…」


とりあえずあいずちをうち、自分は栞だ…と認識させた。