「海野こっち」

「佐々木君…」

「そこ危ないから」

ぼーっと立っていた私を佐々木君が引っ張った。

喧嘩は直ぐに収まった。

もちろん獅子島の勝利。

「キレてる獅子島さんは相変わらず強いねぇ」

「佐々木君のんびりしてる場合じゃないよ」

「俺は大丈夫。危ないのは海野じゃん」

「紗綾…帰るぞ」

「あっ!獅子島君」

「じゃあな海野」

獅子島に腕を掴まれ無理矢理歩かされる。

学校がどんどん遠くなっていく。

今になって足首が痛くなってきた。

「獅子島君、ちょっと待って」

「あぁ?」

「足首が痛いんだけど」

「何?なんで早く言わない」

言う暇なかったじゃん。

「うわ!」

突然、獅子島が私を抱き上げた。

俗に言う姫抱きではなく、荷物のように肩にのせられたのだ。

私は獅子島の背中を叩いた。

「下ろして!」

「やだ」

獅子島が歩き出したから諦めた。

シャツを握り、恥ずかしいのを我慢した。

いつの間にか大きくなった幼なじみの背中が、悔しかった。