「男か?」



「うん?……そうだけど」



何でそんな事聞くんだろ?



「チッ、どんな関係だ」



「関係?えっと……たっちゃんは『あ、あー、1-Aの神崎由美、至急理事長室まで来て下さい』



男と聞いた途端、更に機嫌の悪くなった蓮に何と答えようかと困り、適当に誤魔化そうとしたが、たっちゃんの放送によって遮られた。



「何の用事だろうね。………心当たりある?」



「うーん、分かんない。とりあえず行って来るよ」



知ってるけど、知り合いだとバレるわけにはいかない。



「そうだね、先に教室行ってるよ。……蓮も行くよ」



「うるせぇ」



蓮は機嫌が悪いようで先に行ってしまった。




この作品のキーワード
暴走族  黒猫  不良    過去  不良校  恋愛    秘密 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。