「嗚呼、やっと見つけた」




ある一室のソファーに座る男は、ワインを片手に呟く。




「長かったよ。君は僕の物だ……誰にも渡さない」




男は愛しい者を眺めるように写真に写る者を見る。




「準備は着々と整ってきた。………まだ迎えには行けないけど、いつか迎えに行くよ」




まだまだ遙か遠く……絶望へと誘う悪魔に気が付く者はいるのだろうか。




この先を知る者は居らず、すべては本人の選択次第………。





この作品のキーワード
暴走族  黒猫  不良    過去  不良校  恋愛    秘密 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。