それから私は
龍鵞を避け続けた。
電話にもでないし
メールも返さない。
心が痛かった。
でもねそれ以上に
これ以上龍鵞を
すきになることの方が
つらかった。

だから
距離を置こうとおもった。