あれから和真さんからの拘束もなくなり、

付き合い始めの事のような状態に戻って、生活がしやすくなっていた。


仕事も順調に覚えていき、落ち着いてきた。

職場でも仲良しの同期もいて、良くランチや飲みに行くようになった。


女子で集まれば、まずは職場の愚痴。

そして、社内の男性の話し…


「ねえ、理香って経理のイケメン君知ってる?」


『イケメン君?誰それ??』


「えー知らないの?社内でもすっごく有名なんだよ。

角田さんって言うんだけど。

お気に入りの子しか自分からは誘わないって…

 まあ、誘われれば食事に行ったりしてるみたいだけど、

自分から誘うのは自分が気に入った子だけなんだって。」

この作品のキーワード
溺愛  ヤクザ  キャバクラ  大学生  社会人  俺様  極道  独占欲  やくざ  大人ラブ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。