「…えっ…」



やっぱこうなるよな、



なにやってんだ俺。



あまりの恥ずかしさに脳内で1人つっこみをしてしまった。



「あっ、ごめん…」



苦し紛れでこの言葉をしぼりだした。



…もっといい返しできただろう。



今さら後悔したって仕方ないが、



後悔せざるを得なかった。



10秒、いやもっとかな、



長くはなかったのかもしれないが、



一生分の長さを感じるほどの、



気まずい沈黙が続いた。



この作品のキーワード
胸キュン  甘々    席替え  転校  モテ子  モテ男  イケメン  中学  身長差