どこかの誰かの昔話……って。


首をひねる私。


蓮さんは冗談めかした表情で、戸惑う私の手を取りベッドに並んで腰を下ろす。



「――とあるところにごく普通の、引っ込み思案な少年がいました」



引っ込み思案な少年……?


いったい誰のことだろう。とりあえず蓮さんのことではないよね。

蓮さんって絶対子供のころから偉そうだったと思うし……。


てっきり蓮さんの昔話を聞かせてもらえるのだと思っていた私、一瞬拍子抜けしてしまった。



「――少年は幼いころ、母親と死に別れました。母親が大好きだった少年は、ショックで学校にも行けなくなり、部屋で本ばかり読んでいました。少年の父親はそんな少年を不憫に思ったのか、ある日美しい女性を連れてきました……。

彼女は父親の会社で働く女性でした。美しく優しい彼女と過ごすようになって、少年は次第に明るくなり、外に出るようにもなりました。

そして少年は、当然のごとく、次第にその美しい人に恋心を抱くようになりました」



この作品のキーワード
意地悪  溺愛  上司  地味OL  不器用  じれじれ  オフィスラブ  青天目ビル 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。