教室に入ると今まで他クラスだった子がいるからなんか変な感じがした。


名前順で座らされた席の隣は慶太だった。


「また柚と同じかよー飽きた」

「飽きたとか失礼だなっ」

私がいなきゃダメなくせにー。

心の中で思いながら慶太の足を思い切り蹴飛ばした。


「いってぇー!!」


「はいはい、慶太うっせぇ」

そう言いながら入ってきたのは担任だった。