今日から新学期が始まった。

私は市内の高校に行く事にしていた。

ここは市内で一番レベルが低い共学の高校だ。

入試時期、先生に「何でこんな高校に行きたいんだ!ここなら滑り止めで十分だ!」と怒られた。

私は心の中で『先生は私の事を分かっちゃいないなぁ~。これからデビューするんだから( -o-)y-~~~』そう呟いた。

「ここの制服が着たいんです!」

私は思ってもいない言葉で誤魔化した。




駅に着くと、中学時代の同級生がみんな目を丸くして私をジロジロ見てくる(◎o◯;)

親友の楓が走ってきた。

「マキ!どうしたの?!その格好!」

春休み中、自分改造計画で忙しかったから楓とは会ってなかった事に気付いた。

私は、みんなの驚く姿がとても嬉しかった。

「ゴメンね~。驚かせちゃって!今日から私、強く生きるから何かあったら相談して!」

私はそう言い残し、少し小走りに駅のホームに入った。



きまった♪・:*:・・:*:・


(#  ̄ー ̄)〇"グッ

この作品のキーワード
不良  先輩  ヤンキー  テレクラ  援助交際  パパ  ギャル  女子高生