私と嗣成様は9年ぶりに、顔を合わせた。
私は憶えていたけど、彼は私のコトを初対面だと思っていた。



それでも、心臓の鼓動は嬉しくて高鳴っていく。
私の初めてを捧げた人だから。


あれから、私の肌には誰も触れてない。単に、男性に縁がなかっただけ。
同期も後輩も次から次へと結婚退職していく。
何も無い自分が恨めしくて、後輩のプライベートまで干渉してしまう嫌なお局様になってしまった。



嗣成様からホテルのディナーに誘われた時、思わず、周囲にいた後輩たちに自慢げに喋った。後で、恥ずかしいコトしたなぁって後悔した。


でも、心は幸福感で満ち足りていた。


彼の好きな花は紫陽花。


紫陽花の花言葉は移り気…
私とのコトはきっと、唯の気まぐれ。






この作品のキーワード
続編  花言葉  イケメン  社長  浮気  結婚  甘々  和風  ラブコメ  想い出