俺のデスクの内線が鳴った。


この内線番号は受付席。


俺は率先して電話を取った。


「こちら、社長室です」


ーーーーあ、あの…緑川さん、星凛堂の濱部社長が…


桃は慌てふためいてて、普段の落ち着いた様子じゃない。
かなりパニくっている。


「桃、落ち着いて…ねっ」


ーーーーうん


俺は桃を落ち着かせて、内線を保留。

社長に相談した。


「社長…エントランスに濱部社長がお見えになってます」


「夕方まで、持ちませんでしたね。相馬社長」


「日雇いで雇ってんだから、今日は俺の秘書だからな。栗原。緑川…濱部社長を社長室に通せ」


「承知しました」




この作品のキーワード
続編  花言葉  イケメン  社長  浮気  結婚  甘々  和風  ラブコメ  想い出