何年ぶりになるだろう・・・?
周りを見回すと懐かしい面々が視界に飛び込む。

居酒屋を貸し切っての同窓会。
飲み会感覚の気軽さが気に入っている。

私の斜め前に座っているのは元彼で、私の横には今彼。
元彼と今彼そして私は学生の頃から仲がよかった。

元彼に振られたのは3年前。

 「友達に戻ろう。」

そんな一言で私の初恋は終わった。

その一言が幸か不幸か別れた後も私は友人を装っている。
大好きだったから… 別れたからといって気まずくなるよりは、元彼の別れ際のセリフを利用して、本心を隠してそばで笑ってた。
元彼に新しい彼女が出来ても・・・

そんな時だった・・・今彼の優司から告白されたのは。
私が無理して笑っていることも、友達なんて本気で思っていないことも、私の中で元彼が過去になっていないことも分かっていたのに、それでも「そばにいてほしい」と言ってくれた優司の優しさに甘えるように交際が始まった。