「えっ?」


それは、あまりにも急だった。


次の日起きて朝ごはんを作っていると、
颯汰さんから言われた。


「だから明後日、パーティーを行う。
政略結婚だと思われないようにきちんと話を積み重ねなくちゃいけない」


「嘘を覚えろと?」


「そういうこと」


「……わかりました」


お父さんの娘として頑張らなくちゃ。


この作品のキーワード
政略結婚  ミスター  片想い  不器用