…温かい。

血と消毒液と、男物の香水の匂い。

その全てに一瞬にして包まれた。

なんでこんなにも、他人の腕に包まれるという行為には、安心感があるのだろう。

自然と、涙は止まっていた。

男は私が大人しくなったのが分かる、と私に回していた左腕を解いた。

「…お腹すいたからチョコ食べる。」

そういうが速いか、立ち上がり、冷蔵庫に駆け込む。

『あ、ちょ…』

チョコは私がケーキにしました、と最後までいう猶予はなかった。

が、彼はチョコレートケーキをしっかりと見つけたようで、

「あ、なにこれ。…これお前が作ったの?」