『そ、そーなんだ…。叶うと良いね。』

「おう。」

湊人は悲しそうな表情を一転し、にかっといつものように笑った。

この色男がそんな悲恋をしてるとは知らなかった…。

美人に限って幸せな人生が歩めないというやつだろうか。

心の底からこの人の恋が叶うと良いなと思った。

そして私の悩み事も、打ち明けられるといいな、とも思った。