「……え!?もしかしてこれって阿久津千尋の教科書?!」



「んー、なんかそうみたいだね」



「いやいや、茉奈さん!なんでそんなに落ち着いてられんの!?」



「いやいや、愛梨ちゃん。あなたこそなんでそんなに慌ててるんだよ。」




愛梨は両手に教科書を握り、ワナワナと震えている
全く、何をそんなに興奮しているんだね君は




「だってこれ、あの阿久津千尋の教科書じゃん!」



「…そうですけど。」




"あの"ていうくらいだから、そんなに偉大な人なのかな?




「はぁ…まぁいいや。とにかく、それ次の時間の休憩時間に本人に返してきなさいよ!」



「わ、分かったよ…」




愛梨の気迫に負けたあたしは、渋々そう答えた
もー、怖いんだから愛梨ちゃんは…


すると間もなくチャイムが鳴り、愛梨は席に戻っていった

その後は普通に数学の授業を受けて、休憩時間を迎えた