焦点を合わせるためにその人影を追って視線をあげると、ソファから腰をあげた真依子と目が合う。

 彼女は横目に僕を数秒見おろしたあと、ふっと僕の前を横切った。



 向かうは、リビングの戸口。

 足音すら控えめな彼女の行動に気がついた僕は、焦ったように立ちあがりドアハンドルを握った彼女の背後からその細い腕を掴んだ。



「まだ話、終わってないんだけど」

「そう?あたしは終わったわ」



 鋭く尖らせた声を後ろから突きつけた僕に、真依子は振り向かずに言う。

 腕に力は入っておらず、逃げようとしているのか何なのか、一瞬よくわからなくなった。



「…僕は、終わってない」



 真依子の出方を窺うべく、極力トーンを落ち着かせて語りかける。

 腕を強く掴んだ力をほんの少し緩めたとたん、彼女はそれを待っていたかのようにドアハンドルを捻った。



 しまったと瞬時に反応した僕は、空いていた手で乱暴に扉を押し戻すとその手で真依子の肩を掴み、がっと彼女の体を扉に押しつけた。



「やめて、そら。……やめて」



 逃がすまいと両手を扉について真依子を閉じ込めた僕に、彼女は首をうなだれたまま弱々しくそう零した。

 嗚呼まただ。震えた声が僕を刺激する。

 流石にもうその体を包みこんだりはしないけれど、僕は俯く彼女を黙って見守ることしか出来なかった。



この作品のキーワード
大人の恋  運命  家族      すれ違い  純愛  過去  ショパン  男目線 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。