◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

休日だというのに恭一の気分は最悪だった。


それは三日前のこと。


くだらない事で近藤と喧嘩をした。

本当にくだらない事で自分が謝れば、こんなに大事になることもなかった。


こんな時、自分の意地っ張りな性格が恨めしい。


今までも近藤と喧嘩をしたことはあった。

その度、謝るのは必ず近藤からで、1日のうちに仲直りをするのが常だった。


ところが今回は喧嘩をしてもう三日。


仲直りどころか近藤から何の連絡もない。


朝も迎えに来ず、大学へ行ってもその姿を見つけられない。


……避けてるってことだよな?



手にした携帯を見つめて溜め息。

避けられてる相手に連絡をして、迷惑がられたら……
立ち直れない。


ましてや相手は近藤だ。
心に深い傷を負うのは目に見えてる。



でも………
このままってのもな。