「太輔、たぶん・・・あたしも太輔に恋したみたいです」








なんかいまいちな告白








・・・これも告白にはいるのかな?






まぁいいや










「ありがとうございます・・・紗菜様、わたくしと・・・「付き合って下さい♪」







あたしは太輔が言う前に言った






なんか言いたくなっちゃったからww






「はい、よろこんで」






太輔はいつもの笑顔を見せてくれた