アレッ!?



会社を出ると一番目立つ場所に恋人、雅樹の車が止まっていた。



今日は会う約束はしていない。



何かあったのかな!?



驚きを隠せぬまま、助手席に座った。



「今から飯食いに行く!お前も付き合え!!」



何だ、食事の誘いだったのか…。



「雅樹、今日は何食べんの?」



「んまぁ適当……あっ、其処にしよう」



ドリフトする様にハンドルを切り、居酒屋の駐車場に車を止める。



店内に入ると、雅樹は迷う事なく和室へ上がった。





この作品のキーワード
TABOO  秘密  禁断  三角関係  浮気  元カレ   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。