「送って頂いてありがとうございます」

「いいえ、此方こそ遅くまで付き合わせてごめんね?」

「いえ、とても楽しかったです。

美味しいお料理御馳走様でした。

それに、たくさんプレゼントして頂いてしまって…」

「はは、いいよ。僕が好きで贈った物だから」

「…それじゃあ、失礼しますね」


車のドアに手を掛けて外に出る。

屋敷に向かって歩き出したその時、


「…待って!連絡先だけ、教えて貰えるかな?」

「え…」

「ほら、じゃないと今日みたいにしか誘えないし…」

「……」

「駄目、かな…」

「…ふふ、いえ。また誘って頂きたいですし」



この作品のキーワード
財閥  束縛  純愛  兄妹  禁断  愛憎  狂愛  嫉妬  裏切り  復讐 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。