――――……



「あの……」

「――」



まゆは隣に座って渋い顔をしている深青をちらりと見上げた。


レストランでの食事を終えた後、未散は「あとは若いお二人で」と、妙な発言をしてホテルハイヤーに乗り込み去っていってしまった。

とりあえず「送る」と言われ、まゆたちもハイヤーに乗り込んだはいいのだが、まゆは深青が本気で「デート」する気なのか判断できなかった。



「――土曜日、出かける」



何か決心したのか、深青は重いため息をとともにそう言い放った。



「え!」



本気で私とデートするつもり!?



「予定でも?」



体の前で腕を組んだ深青は、ちらりと隣のまゆを見下ろした。





この作品のキーワード
オフィスラブ  御曹司  OL  切ない  じれじれ  ピュア  溺愛  甘々  スーツ  腹黒 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。