好きになってしまいました。

大事な大事な友達を。

言えない恋です。

叶わない恋です。

短く脆い恋です。

それでも  いいんです。




「ねぇみのりー、ほんとに好きな人とかいたことないわけ?」

「なくはないけど...特別好きって感じじゃないかなぁ...」

てか、好きな人いたところでどうって感じじゃないし。

「まぁ、今はいらないしなぁ...」

そう言うと鳴海はため息をついた。

「だからダメなんだよーみのりはっ!!ウチら今女子高生なんだよ??今恋しとかなきゃ!!」

女子高生だからって恋愛必修じゃあないだろ。

鳴海はマセすぎなんだよ。ってか自分だって彼氏いないくせに。

「あ、そういえばみのり今日一緒に帰れる?」

「今日は無理!!アイツが寄りたいとこあるって言ってるからさ~。」

鳴海はわかったと返事をし、教室へと入っていった。

「真治ー、いるー?」

教室に入りながら声をかけるがヤツはいなかった。

「真治ならまだ朝練だってさ。」

おせっかい野郎の春樹が口を挟む。

「まだ朝練やってんの??きっつー。」

仕方がないからヤツの朝練が終わるまで友達とだべることにした。

「あっ、みのりおはよーッス!」

「おー有紗おはよー!昨日買ったCDヤバかったんだけど!!」

有紗に駆け寄ってしばらく廊下ではしゃぎまくる。

彼が通るまでは。

「あっ、きたきた孝義。」

いち早く孝義が来たのに反応する有紗。

それもそのはず、有紗は孝義が大好きだから。

「おはよー孝義くん!」

すっかり話をすっぽかして孝義に声をかける。

これだから恋してる乙女って。

「おー。うぃーっす。」

孝義はノリが良くて少年っぽい奴。

明るい性格のおかげか、女子からも男子からも信頼されている。

有紗も孝義の明るくて人気があるところに惚れたらしい。

まぁ、ミーハーの有紗ならありそうな話だけど。

こういう、“好きで好きでやばい!”みたいな奴が若干苦手。

なんだか哀れだ。

しかももっと残念なのが、孝義には彼女はいなくても、誰とも付き合う気もないってこと。

どれだけ有紗がアプローチしたとしても

孝義には届いてないらしい。

それでもアプローチを増して続ける有紗は

クラスでだんだん引かれはじめている。

今も声をかけるなり孝義の後をくっついて教室に入ってしまった。

完全ウチのこと忘れてるし。

呆れて自分も教室に入ろうとしたとき、やっと朝練を終えた真治が走ってきた。