は~、どうしよう。

「はぁ~。」

「おい、14回目。」

「あ?なにがだよ。」

「ため息だよ。なにがあった?」

なにがあったって…

「どうすればいいと思う?」

「なにが?」

「紗優を落とす方法。」

「は?まずは、ちょっとしたことからだろ。」

ちょっとしたこと…

「てなんだよ?」

「自分で考えろよ。」

う~ん・・・

…わかんねぇ。

授業中もそのことでいっぱいだった。

気がつけば放課後になっていた。

この作品のキーワード
後輩  年下  どS  過去  年下彼氏