菜月は、授業を終えるとすぐにN駅に向かった。しかし、約束の時間を少し過ぎそうだったので、向かっている途中、高山さんにメールを入れた。そして、N駅に着いた頃には、約束の時間を30分過ぎていた。



駅に着くと、高山さんは、スーツではなくジーンズとブラックのショートコートの私服で立っていた。菜月は、その姿を見つけると、すぐに近づいて行った。



「すみません、こっちからお願いしたのに、遅くなってしまって。」



「大丈夫だよ、ごめんね。もう少し遅い時間にすれば良かったね。」



高山さんは、優しく笑いながら流してくれた。



「ご飯まだ食べてないよね?」



「食べてないです。」