大地・・それが彼の名前。


実野里と大地は同い年で、家も隣同士だったので、家族ぐるみの付き合いだった。


好きだという感情に気付いたのは、4歳のときだった。



「みのり~。今日も大きな木の下で遊ぶの?」


少し茶色がかった、サラサラの短髪を風になびかせながら、大地が言った。


幼稚園が終わって、大地のお母さんの車で帰ってきたところだ。


行きは、実野里の母が担当している。


「うん!昨日はおままごとしたから、今日はみのり、お姫様ごっこがしたいの。幼稚園で、みんながお姫様ごっこのこと教えてくれたの。だいちは王子様だよ。だいち、い~い?」


肩で切りそろえた黒髪を揺らしながら、うるうるした茶色の瞳が、上目づかいで大地を見つめてくる。


(うっ・・。俺、これに弱いんだよな。いやなんて言えるわけないよ。)


実野里は、幼い頃から、可愛さと色気の使い方を知っているかのようだ。


実際、本人は今も昔も意識していないようだが・・。


父に甘えている、母親譲りなのかもしれない。


しかも、その必殺技を理解している大地は、4歳にしてはませているような気がする。


「いいよ。じゃあ~行こっか。お姫様お手をど~ぞ。」



二人で手を繋いで、この森で一番大きな樹に向かって歩いて行った。