ここで、一つの疑問が浮かぶ。


実野里には恋人はいなかったのか?



いなかったのではなく、作らなかったと言うのが正しいだろう。


大学でも、何人かに告白されたこともあったが、全て断った。


「今まで通り、友達でいてください。」と。



ずっと忘れられないのだ。


苺を育てながら、大樹を見る度に思い出される、幼かったときの初恋。


苺ジャムを作りながら、味見をする度に湧き上がる、甘い気持ち。



時を更に巻き戻さなければいけない。


実野里が生まれ、気付いたときにはもう、彼がいたのだから・・