私が言うと、大和は短い髪を掻いてから、

「あー、めんどくせぇからサボる」

 と言い出した。

「はぁ!?なんでサボるワケ!」

 思わず声を張り上げると、大和は私のバスケットボールを奪ってハンドリングを始める。

「オマエがいないと面白くねェンだわ、バスケ」

 ドキッとした。

 顔が熱くなる。

「ん?何赤くなってんの。俺が言いたいのは、まぁ張り合いがなくなるってだけだ」

 勘違いして赤くなったのが恥ずかしい。

 私は俯いた。

「とりあえず、学校行きなさいよ?私はストリートバスケしに行くから」

 私は立ち上がって大和からボールを奪還するとストリートバスケができる公園に向かった。