ーーーーー




「ごめんね‥カナタさん‥‥」





「ううん、いいよ。私は大丈夫だから」





申し訳なさそうにうなだれるアイ。





そんな彼女を見たら、そう言うしかないよ‥。





でも、本当は嫌だって言いたかった。





だって、アイが私から離れて行ったから。





これで、また私は一人ぼっち‥‥。