好きになったのはいつだった?




君にいつも言ってたっけ



「嫌い」



って




思えばいつの間にかあの言葉は嘘になってたんだね




嫌いなんて思ってない。






いつも君の声に反応してた







君の事を目で追ってた







だけど、この恋は叶わない








もう君は居なくなる






離れてしまう










じゃあね



じゃなくて、さようなら







私の二度目の恋


それは苦い思い出




でもいつか、甘い思い出になるように願ってる



何処かでいつも君の幸せを願う






ありがとう