特に何も気にしなかった私。

準備をしてるカメラマン。

撮影を待っている社員たち。




「俺から離れた罰ゲーム、しよっか」


そう耳元で囁いた彼。


彼に何も言う時間もなく、ではいきます、とカメラマンの声。



私の心臓が、うるさかった。