いつも、私はアイツの隣にいた。


笑った顔

怒った顔

泣いた顔


全部、大好きだった。


「お前が隣にいると、落ち着く...」


「バカ、ずるいよ...」



幼馴染のアイツは、

バカでずるくて、でも好きだった。


この作品のキーワード
幼馴染    片想い  アイツ  切ない