電話のコール音と、パソコンのキーを打つカシャカシャという音。

紙の擦れる音、足早に過ぎていく忙しそうな足音。

社内に溢れるそういった雑音を聞きながら、私はいつものようにパソコンに向かってデータ処理をしていた。


昼休みに差し掛かる直前、社員達は皆、ゆったりとした午前中の時間の流れを急激に加速させる。

私はデスクに詰まれた書類の束を横目で見ながら、パソコン画面を睨んだ。


昼休みまであと三十分。

午前中のうちに、できるだけのことは済ませたい。


今日は怜が早く家に帰ってくる日だ。

だから私は極力残業をせずに、彼より早く帰宅しておきたかった。


昼休みに入る十分前。

私の仕事は目標値まで片付いていた。

この調子なら、今日は定時に帰れそうだ。

小さく息をつくと、パソコンのキーを打つ速度をゆるめる。